Value Creation for Next, SDGs

Idea

About Idea

2018年現在、世界中でSDGsに関するさまざまな取組が発信され始めています。
特にビジネスセクターにおいては、新しい俯瞰的評価尺度としてSDGsを採用し、その経営に採り込もうという動きを活発にみせています(SDGビジネス元年)。ですが実際のところは、ただ単に自社のメインドメインの分野がどのゴールに近いのかということを短絡的に予想し、SDGsのシンボリックなアイコンをペタッと貼り付ける(ラベリング)だけ、ということに留まっているケースが少なくありません。
ですが、これを消極的に捉えるのではなく、SDGsという概念をどのように利活用するのかという視座に立ってビジネスを加速させる。更には、新しい時代の流れを自らが創る側に立てるような革新的(イノベーティブな)事業を構想する。言い換えると従来の枠組みに因われることなしにゼロから新しい何かを生み出せるような(クリエイティブな)事業を構想する。そのような進化をSDGキャストという場が促すような機能を意識して導入したのが「レピュート(repute)」です。
このレピュート機能を評価尺度として用いることによってそれぞれの「イデア(idea)」が進化し、それぞれのキャストのイデアが価値協奏をはかるためにブレインストーミングを繰り返していく。このようにSDGキャストは常に進化をし続け、インテグラルな世界の実現を目指します。

Search

Repute

Tag